風化のことや侵食などに関して勉強していた

風化などに対して学校しました。岩石が地表付近で水と共にあると、その鉱物の元の一部が水に溶け吐出したり、他の元が加わったり講じる連続が起こります。その結果、鉱物のあるものは粘土鉱物に変わります(化学チック風化)。例えば、カリ長石は二酸化炭素を含む水というフィードバックして、粘土鉱物ですカオリンに変わります。温暖湿潤な地区では自動的風化に加えて化学チック風化も進み、凄い風化が起きている場合が多いです。河川や氷河は地表を侵食し、侵食した製品や河川・氷河に流れ込んです土砂・礫などを運送・堆積する。河川の侵食行いには、川底を掘り下げる下方侵食といった、川幅を広げようとする周辺ヒューマン侵食があります。侵食行いは流速の2乗に比例します。また、河川が運搬する最大の岩片のスケールは流速の6乗にそれほど比例します。流速が小さくなるといった河川の運送力量が急に小さくなり、堆積行いが起こります。知らないことがたくさんあったので、結構勉強になりました。http://www.realmadridmobile.jp/